Browse Source

[skip ci] Updated translations via Crowdin

mj
GiteaBot 3 years ago
parent
commit
1966f421b3
  1. 43
      options/locale/locale_ja-JP.ini

43
options/locale/locale_ja-JP.ini

@ -812,6 +812,8 @@ commits.date=日付
commits.older=古い
commits.newer=新しい
commits.signed_by=署名者
commits.signed_by_untrusted_user=部外の署名者
commits.signed_by_untrusted_user_unmatched=コミッターと一致しない部外の署名者
commits.gpg_key_id=GPGキーID
ext_issues=外部課題
@ -941,6 +943,8 @@ issues.label_deletion_desc=ラベルを削除すると、そのラベルはす
issues.label_deletion_success=ラベルを削除しました。
issues.label.filter_sort.alphabetically=アルファベット順
issues.label.filter_sort.reverse_alphabetically=逆アルファベット順
issues.label.filter_sort.by_size=サイズの小さい順
issues.label.filter_sort.reverse_by_size=サイズの大きい順
issues.num_participants=%d 人の参加者
issues.attachment.open_tab=`クリックして新しいタブで "%s" を見る`
issues.attachment.download=`クリックして "%s" をダウンロード`
@ -1075,8 +1079,12 @@ pulls.blocked_by_rejection=このプルリクエストは公式レビューア
pulls.can_auto_merge_desc=このプルリクエストは自動的にマージできます。
pulls.cannot_auto_merge_desc=コンフリクトが存在するため、このプルリクエストは自動的にマージできません。
pulls.cannot_auto_merge_helper=コンフリクトを解消するため手動でマージしてください。
pulls.num_conflicting_files_1=%dファイルがコンフリクト
pulls.num_conflicting_files_1=コンフリクトファイル %d
pulls.num_conflicting_files_n=%dファイルがコンフリクト
pulls.approve_count_1=承認 %d
pulls.approve_count_n=承認 %d
pulls.reject_count_1=変更要請 %d
pulls.reject_count_n=変更要請 %d
pulls.no_merge_desc=リポジトリのマージオプションがすべて無効になっているため、このプルリクエストをマージすることはできせん。
pulls.no_merge_helper=リポジトリ設定でマージを有効にするか、手動でマージしてください。
@ -1371,20 +1379,45 @@ settings.event_desc=トリガー:
settings.event_push_only=プッシュのイベント
settings.event_send_everything=すべてのイベント
settings.event_choose=イベントを指定…
settings.event_header_repository=リポジトリのイベント
settings.event_create=作成
settings.event_create_desc=ブランチやタグが作成されたとき。
settings.event_delete=削除
settings.event_delete_desc=ブランチやタグが削除されたとき。
settings.event_fork=フォーク
settings.event_fork_desc=リポジトリがフォークされたとき。
settings.event_release=リリース
settings.event_release_desc=リポジトリでリリースが作成・更新・削除されたとき。
settings.event_push=プッシュ
settings.event_push_desc=Gitがリポジトリにプッシュを行ったとき。
settings.event_repository=リポジトリ
settings.event_repository_desc=リポジトリが作成または削除されたとき。
settings.event_repository_desc=リポジトリが作成・削除されたとき。
settings.event_header_issue=課題のイベント
settings.event_issues=課題
settings.event_issues_desc=課題がオープン・クローズ・再オープン・編集されたとき。
settings.event_issue_assign=課題のアサイン
settings.event_issue_assign_desc=課題の担当者が割り当てられたとき、解除されたとき。
settings.event_issue_label=課題のラベル
settings.event_issue_label_desc=課題のラベルが更新・クリアされたとき。
settings.event_issue_milestone=課題のマイルストーン
settings.event_issue_milestone_desc=課題のマイルストーンが設定・解除されたとき。
settings.event_issue_comment=課題へのコメント
settings.event_issue_comment_desc=課題へのコメントが作成・編集・削除されたとき。
settings.event_header_pull_request=プルリクエストのイベント
settings.event_pull_request=プルリクエスト
settings.event_pull_request_desc=プルリクエストがオープン・クローズ・再オープン・編集されたとき。
settings.event_pull_request_assign=プルリクエストのアサイン
settings.event_pull_request_assign_desc=プルリクエストの担当者が割り当て・解除されたとき。
settings.event_pull_request_label=プルリクエストのラベル
settings.event_pull_request_label_desc=プルリクエストのラベルが更新・クリアされたとき。
settings.event_pull_request_milestone=プルリクエストのマイルストーン
settings.event_pull_request_milestone_desc=プルリクエストのマイルストーンが設定・解除されたとき。
settings.event_pull_request_comment=プルリクエストへのコメント
settings.event_pull_request_comment_desc=プルリクエストへのコメントが作成・編集・削除されたとき。
settings.event_pull_request_review=プルリクエストのレビュー
settings.event_pull_request_review_desc=プルリクエストの承認・拒否、またはレビューコメントが付いたとき。
settings.event_pull_request_sync=プルリクエストの同期
settings.event_pull_request_sync_desc=プルリクエストが同期されたとき。
settings.branch_filter=ブランチ フィルター
settings.branch_filter_desc=プッシュ、ブランチ作成、ブランチ削除のイベントを通知するブランチを、globパターンで指定するホワイトリストです。 空か<code>*</code>のときは、すべてのブランチのイベントを通知します。 文法は <a href="https://godoc.org/github.com/gobwas/glob#Compile">github.com/gobwas/glob</a> を参照してください。 例: <code>master</code> 、 <code>{master,release*}</code>
settings.active=有効
@ -1824,7 +1857,7 @@ users.deletion_success=ユーザーアカウントを削除しました。
emails.email_manage_panel=ユーザーメールアドレスの管理
emails.primary=プライマリー
emails.activated=アクティベート
emails.activated=アクティベート済み
emails.filter_sort.email=メールアドレス
emails.filter_sort.email_reverse=メールアドレス (逆順)
emails.filter_sort.name=ユーザー名
@ -1885,6 +1918,8 @@ auths.use_paged_search=ページ化検索を使用
auths.search_page_size=ページサイズ
auths.filter=Userフィルター
auths.admin_filter=Adminフィルター
auths.restricted_filter=制限付きフィルター
auths.restricted_filter_helper=どのユーザーも制限付きにしない場合は空にしてください。 アスタリスク('*')を指定すると、Adminフィルターにマッチしないユーザーはすべて制限付きとなります。
auths.ms_ad_sa=MS AD 検索属性
auths.smtp_auth=SMTP認証タイプ
auths.smtphost=SMTPホスト
@ -1919,6 +1954,7 @@ auths.tips.oauth2.general=OAuth2認証
auths.tips.oauth2.general.tip=新しいOAuth2認証を登録する際、コールバック/リダイレクトURLは以下の通りにしてください: <ホスト>/user/oauth2/<認証名>/callback
auths.tip.oauth2_provider=OAuth2プロバイダー
auths.tip.bitbucket=新しいOAuthコンシューマーを https://bitbucket.org/account/user/<あなたのユーザー名>/oauth-consumers/new から登録し、"アカウント" に "読み取り" 権限を追加してください。
auths.tip.nextcloud=新しいOAuthコンシューマーを、インスタンスのメニュー "Settings -> Security -> OAuth 2.0 client" から登録してください。
auths.tip.dropbox=新しいアプリケーションを https://www.dropbox.com/developers/apps から登録してください。
auths.tip.facebook=新しいアプリケーションを https://developers.facebook.com/apps で登録し、"Facebook Login"を追加してください。
auths.tip.github=新しいOAuthアプリケーションを https://github.com/settings/applications/new から登録してください。
@ -1928,6 +1964,7 @@ auths.tip.openid_connect=OpenID Connect DiscoveryのURL (<server>/.well-known/op
auths.tip.twitter=https://dev.twitter.com/apps へアクセスしてアプリケーションを作成し、“Allow this application to be used to Sign in with Twitter”オプションを有効にしてください。
auths.tip.discord=新しいアプリケーションを https://discordapp.com/developers/applications/me から登録してください。
auths.tip.gitea=新しいOAuthアプリケーションを登録してください。 利用ガイドは https://docs.gitea.io/en-us/oauth2-provider/
auths.tip.yandex=https://oauth.yandex.com/client/new で新しいアプリケーションを作成してください。 "Yandex.Passport API" セクションで次の項目を許可します: "Access to email address"、"Access to user avatar"、"Access to username, first name and surname, gender"
auths.edit=認証ソースの編集
auths.activated=認証ソースはアクティベート済み
auths.new_success=新しい認証 '%s' を追加しました。

Loading…
Cancel
Save